誕生・今・未来

  • 創園への思い

    私ども自然共生は、弊社で働く女性スタッフが100名を超え、彼女たちが産休後に仕事復帰しやすいように、社内に託児所を置きたいと考えていました。大切な社員のお子さんを預かるのですから良い施設にしたい。まずは、全国で評価の高い保育施設を視察することにしました。すると、保育園ごとに個性があり、優れた保育プログラムがあり、それぞれの園で子どもたちが違った成長をしていることに驚きました。最終的にチームで視察した保育施設の数は89カ所。そこで出会った素晴らしい保育のノウハウをすべて取り入れることができたら。それを園児一人ひとりに合わせて提供することができたら。幼児教育への強い思いと「カスタマイズド保育」のアイデアが生まれ、本格的な保育園の開設を決意しました。そして、チームが一丸となって開園準備を進め、2014年9月に託児保育園Earth8ightが誕生しました。

  • 開園から5カ月

    "保育をカスタマイズする"というEarth8ightの新しい試みが少しずつ知られるようになり、園児の数も増えてきました。保護者からの問い合わせや相談も増え、お会いして話を聞いてみると、すでに地元の保育園や幼稚園に通っているけれど、週1日だけでもアースエイトに通わせたいと希望する方が多くおられました。開園当初は、そんなニーズがあるとは考えてもいませんでしたので、月曜日~金曜日、週5日お預かりする「1カ月保育」だけでスタートしました。いつでも入園でき、保護者のニーズに合わせて柔軟に対応できるのが認可外保育施設の強みです。「週1保育」の受け入れ体制を整え、週1日以上で通園日数や曜日を自由に選んでいただけるようにしました。

  • Earth8ightの今、そして未来

    2015年9月に開園1周年を迎え、たくさんの子どもたちが元気に通ってくれています。お父さん、お母さんとの素敵な出会いがいくつもありました。一家族、一家族の願いに寄り添いたい、子ども一人ひとりの育ちを支えたい。その思いでスタートさせた「カスタマイズド保育」が、園児の成長という目に見える結果となって少しずつ実を結んでいます。 毎週土曜日に開くスタッフミーティングでは、撮りためた園児の画像や映像を見ながら、一人ひとりの成長の様子を分析し、課題や次のステップを考えています。保育士同士で意見交換をしながら情報を共有し、どの園児のこともスタッフ全員が理解している体制づくりに努めています。
    子どもには無限の可能性があります。その子が持つ可能性をいち早く見つけて、伸ばしてあげたい。家族のみなさんと一緒にその可能性を育て、成長を見守り続けていきたい。そのために、Earth8ightはこれからも新しいことに挑戦し、進化を続けていきます。

  • 最終ゴールは28歳

    子どもたちがアースエイトに通うのは、小学校入学までの短い期間ですが、私たちは、28歳をゴールに設定しています。28歳というと、卒園した園児が社会人になり、結婚して自分の家庭を持とうとする年齢です。それまでには、小学校、中学校、高校、大学、就職と、大きな環境の変化がいくつもあり、迷うこと、悩むことの連続です。アースエイトは、そんなときにいつでも卒園児や家族が帰ってきて、相談できる場所でありたいと思っています。幼児教育にとどまらず、広く教育分野の情報を集め、海外にも視察に出向いて学び続けているのはそのためです。

協賛企業
  • エール・コーポレーション
  • MARUMIYA GROUP
  • ミモレ農園