Earth8ight English

  • ●卒園時には、自分で英語の絵本が読める子どもに

    卒園してからも、好きになった英語を自分で伸ばせるように育てたいとの思いから、絵本を使った英語保育に力を入れています。英語圏の子どもが必ず学ぶフォニックス(綴り字と発音の間の規則性を理解する学習法)を取り入れ、読解力の基礎を身につけて卒園できる目標設定をしています。これは、国内・海外十数カ所のインターナショナルスクールを見学して決定しました。

  • ●子どもに英語を強要しない

    当園のネイティブの先生たちは日本語が理解できます。マリ先生もソラ先生も、園児に英語を強要することは決してしません。英語を話すことを強制すれば、子どもは英語がきらいになってしまうからです。常に英語で話しかける先生たちに、園児が日本語で返してきても、先生の英語を理解して自分の気持ちを言葉にしてくれたことが大切なので、先生はその日本語を聞き、また英語で返事をしています。

  • ●一日7時間の英語環境で、毎日が国内留学

    登園から降園までの一日7時間をネイティブの先生と一緒に過ごし、英語が当たり前の環境をつくっています。園児にとっては、毎日が留学生活のようです。

  • ●英語だけでなく、母国語(日本語)も大切に

    英語だけで子どもを育てるのではなく、母国語(日本語)と英語の両方が自然にある環境をつくっています。自分が何を言いたいのか、どんなふうに表現したいのか、しっかりと思いを伝えられる人に育ってもらいたい。決まった英語のフレーズを話せるようになるよりも、相手に伝えたいことを子ども自身がわかっていることが大切だと考えています。

  • Earth8ight English

  • English circle time

  • Earth8ight English1

  • Earth8ight English2

  • Earth8ight English3

協賛企業
  • エール・コーポレーション
  • MARUMIYA GROUP
  • ミモレ農園